財布jの色選びから考える金運UP法

財布の色の考え方〜どのような形でお金を得たいのか


白蛇財布
財布屋「白蛇財布」

 

風水などで金運アップの色といえば「黄色」等がよく言われています。、
実は「お金が貯まる財布」の色は黄色が良いとは一概には言えないのです。
自分がどのような形でお金を得たいのか、
それによって「お金が貯まる財布」の色は異なってくるのです。
今回は、そんなお金が貯まる財布の「色」の事をご紹介していきます。

「お金が貯まる財布」の色

 

・「お金が貯まる財布」黄色

黄色は「金回りがよくなる色」とされています。金運アップだと思われがちの黄色のお財布ですが、実はこの色の財布を持っていると、お金の出入りが派手で激しくなるのです。「金は天下の回りもの」というように、お金をどんどんと回して、結果、お金を得たい人にオススメの色です。

 

・「お金が貯まる財布」金色

金色は「安定の色」とされていて、金色の「お金が貯まる財布」を持っていると、その名の通り、お金が貯まりやすくなります。堅実にお金を貯めて、コツコツと貯蓄を増やしていきたい人は、金色の「お金が貯まる財布」を持つといいでしょう。

 

・「お金が貯まる財布」ピンク色

ピンク色は「他力本願の色」です。自力でお金を稼ぐのではなく、玉の輿など他力で金運をアップさせたい人にはオススメです。キャリアを積みたいような人は、この色の財布は避けるほうがいいでしょう。

 

・「お金が貯まる財布」青と白

青と白は「節約の色」。節約をすることでお金を上手に貯めたい人がこの色の「お金が貯まる財布」を持つと、自然と節約ができるようになります。

 

このように、風水では「お金が貯まる財布」の色を一概に「黄色」とは言っておらず、その人のお金に対する考え方で色を決めると良いとしています。

四柱推命の開運色

また一方で、四柱推命で自分の開運色(ラッキーカラー)を知り、その色の財布を選ぶという方法もあります。

四柱推命 開運色
  • ・甲または乙の人=黒・赤
  • ・丙または丁の人=緑(青)・黄
  • ・戊または己の人=赤・白
  • ・庚または辛の人=黄・黒
  • ・壬または癸の人=白・緑(青)

 

四柱推命では干支により開運色が決まっています。自分が四柱推命のどの干支にあたるかは、インターネットで検索して調べることができます。
自分の干支の開運色を知って、その色の財布を選ぶと運気がアップするので、結果的にお金が貯まる財布、つまりは「お金が貯まる財布」になるという訳です。

 

このように、一概に「お金の貯まる財布」と言っても、色やその購入時期など、様々な要素に大きく左右されてきます。
「開運」それは難しいようで、実は身近な存在なのです。日常のちょっとしたことを改善するだけで、今まで「運」に見放されていたような人も、自らの手で「開運」をすることが出来るのです。

 

「運」の中でも一番欲しい運は「金運」ですよね。今回は、そんな金運を、身近なものを新調するだけで手に入れることができるものを紹介します。

 

お金は財布の中に入っていますよね。実はこの財布が金運アップに大きく関わってくるアイテムなのです。
「財布の色を変えただけで今まで出て行ってばかりいたお金が、入ってくるようになった」なんてことは、実は財布を変えてお金持ちになった人が経験している事実だったりするのです。

 

まずは自分にあった「お金の貯まる財布」の色を見つけることから始めてみましょう。